メガネの杉浦
メガネの杉浦の日常をお伝えします。
「豊橋発、日帰りで行けるこんないい所 No.19」
「豊橋発、日帰りで行けるこんないい所 No.19」

■ 平成22年6月2日(水)■***************************************

今回は、インターネットで大井川鉄道を検索しているうちに、静岡県島田市金谷「お茶の郷」という所に興味を
惹かれたのでそこへ行ってまいりました。

★ お茶の郷 ★  

〒428-0022 静岡県島田市金谷3053-2
TEL:0547-46-5588/FAX:0547-46-5577
休館日:毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
博物館・庭園 9:00~17:00
茶室「縦目楼」9:30~16:00
・入館料 博物館   大人 600円
・日本庭園 無料
・博物館・茶室セット 大人1000円
・茶室 500円

公共交通機関利用 】*********************

■豊橋駅
  ↓  (JR東海線)
■金谷駅
  ↓  (徒歩20分)
■お茶の郷
  ↓  (徒歩20分)
■金谷駅
  ↓  (JR東海線)
■豊橋駅

★ お茶の郷博物館 ★
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
国内外から集めたお茶や茶器などの展示があり、日本だけで
なく世界中のお茶について楽しく学べる博物館です。
中国、トルコなどの喫茶環境を再現した部屋もあります。
また館内では、世界のお茶や地元のお茶の試飲も楽しめます。
お茶の郷

IMG_3211.jpg

お茶の郷

お茶の郷

お茶の郷

お茶の郷

お茶の郷

お茶の郷

★ 茶室(縦目楼しょうもくろう)・庭園 ★
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
小堀遠州侯が手掛けた京都の伏見奉行屋敷と石清水八幡宮瀧本坊(いわしみずはちまんぐうたきのもとぼう)を合わせて復元。書院、数奇屋、鎖之間、これら3つの座敷を使って展開された茶会が小堀遠州侯の茶の湯の世界を特徴付けています。現存する茶室を模写するのではなく、現在すでに失われたものを復元することによって、当時の様子を追体験できる場となっているそうです。

建築費用にどのくらい掛かったの気になるほど
屋根をはじめ、屋内外すべてが素晴らしい造りに感動しました。

お茶の郷

お茶の郷

お茶の郷


お茶の郷

お茶の郷

お茶の郷

お茶の郷

お茶の郷

お茶の郷

お茶の郷


お茶の郷

ご覧の通りお客はほとんどいません。

(余計なことですが維持費だけで…?)

★ 売店 ゆめ市場 ★
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
工芸品の一つ“ 扇子 ”
お茶の郷

★ お茶を点てていただきました(抹茶・お菓子付) ★
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お茶の郷

流派は『裏千家』だそうです。
こんな私ですが、実は『表千家』で御座います。

お茶の郷

お茶の郷

お茶の郷

さて、御点前は…“ 普通 ”…で御座いました。

★ 床の間 ★
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いけばなは『池坊』だそうです。
こんな私ですが実は『草月流』で御座います。

お茶の郷

★ レストラン もえぎ ★  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お茶の郷

うまいもの弁当「駿河路(するがじ)」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご覧の通り、
・お造り・とろろ汁・桜えびのかき揚げ・鰻の蒲焼の4品が
付いた贅沢なお弁当でした。

お茶の郷

★ 茶畑 ★
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 摘んだあとは綺麗ですね
さすが、お茶の産地だけあってお茶畑が一面でした。
お茶の郷

★ 帰りの電車です ★
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お茶の郷

 お疲れ様でした!
 館内では、いろいろなお茶をすすめられ
 お茶でお腹一杯だ! アルコールは?〈なっ内緒です〉
スポンサーサイト